dual pony

ふぉー びゅーてぃふぉー しょんぼり らいふ

エメラルド・フロウジョン

プロレスリング・NOAHのレスラー兼社長である三沢光晴さんが、13日に広島で行われた試合中に斉藤選手のバックドロップを喰らったあと、心肺停止状態になり病院に搬送され、そのまま亡くなられてしまったそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20090613-OYT1T01053.htm?from=top

NOAHという団体名を知らない人でも三沢さんの名前は聞いたことくらいあるだろうし、もし名前すら知らなくても「あのタイガーマスクの2代目だった人なんだよ」と言われれば凄いと思ってくれるのではないでしょうか。

日本には大小合わせて数多くのプロレス団体がありますが、その中でもメジャーと呼べる大団体の1つがNOAHです。プロレスというと、WWEやハッスルなどでおなじみのマイクパフォーマンスや、ドラマチックなストーリーというのが思い浮かぶかも知れませんが、NOAHはそういった要素を極力排除して、その日・そのときリング上で繰り広げられる戦いを大事にしてクォリティの高いプロレスを見てもらおう、という姿勢をもった団体でした。

四天王プロレス”と呼ばれる、危険度の高い技をかけあい、受け合い、3カウントぎりぎりになって跳ね返すというスタイルは、他にはない興奮と感動を与えてくれるものでした。

もちろん危険度の高い技というのは身体に相当なダメージが残るし、いつ大怪我をしてもおかしくないものなのですが、上記の四天王プロレスで見慣れてきた我々にとってちょっとやそっとじゃ大事にならないだろうという気楽な見方をしてしまいがちですし、特に三沢選手は脳天から真っ逆さまに落とされるような超危険技を喰らっても立ち上がる、「ゾンビ」とまで言われるほどのタフさが売りでもありました。

だから、たかがバックドロップ程度でどうにかなるわけない。

心肺停止なら、適切な処理がされれば問題ない。

これがきっかけでレスラー生活にピリオドが打たれるかもしれないけど、もともと身体が怪我でボロボロだったし、良いタイミングだと思って社長業に専念して欲しい。

そんな風に思ってました。

帰ってきてくれるのが前提で考えてました。

残念です。

頭がふらふらして、自分の鼓動がやたらうるさいです。

今までもジャンボ鶴田や橋本、エディ・ゲレロクリス・ベノワ……とまだまだファイトを見たかったレスラーたちが亡くなったのを聞きショックを受けましたが、今回は茫然自失レベルです。

誰かが言ってました。

神様はプロレス好きだから良い選手ばかり天国に持って行く、って。

しばらく雲の上でゆっくり休んで、それから馬場さんや冬木や鶴田とかと楽しくプロレス談義をしてください。

安らかに。

広告を非表示にする