dual pony

ふぉー びゅーてぃふぉー しょんぼり らいふ

2007/11/08の日記

円環少女  (6)
円環少女 (6) [長谷 敏司]] 「東京地下戦争編」終了。凄かった……。 昨日もちらっと書いたけど、神の相似形なんてほとんど反則な敵を出しちゃったからにはこれ以上の緊迫感を生み出せるようなシチュエーションは無いだろう、なんて思ってたのですが今回違った手法でとんでもない絶望感を何度も私に味わわせてくれました。 喩えるならグレン編は西洋的、ジェイソンがチェーンソー持ってザクザク人を斬り殺すみたいな。 地下戦争編は東洋的、流行病や呪いで次々と寒村の住人達が死んでいく感じで。 ちょっと外れてる感想かもだけど、前シリーズとは明らかにスケール感が違うのに「仁はどうすれば生き残れるんだ」(勝てるんだ、ではなく)と半ば心が空白になりつつもページをめくる作業に没頭させられたエピソードでした。 ここまで広げに広げた風呂敷をきちんと畳むことが出来るというのは素晴らしい。 しかし最終的にメイゼルときずな、どちらか一人しか選べないという状況になったら、6-4くらいできずなを選ぶ確率が高そうな気がするのは間違いであって欲しい。貴重な女子小学生を手放すなんてとんでもない!


直感買いは表紙とタイトルの印象が大事ですね!

ぶっちゃけ平積みにされてる本で一番最初に目に入るのは表紙絵で、次にタイトルですからね。 ただ、アニメの第一話もそうだけど一番最初に人目に触れられるということは一番力を入れてあるはず・べき場所であるので、そこだけで判断してもある程度間違ってないことのが多いです。毎月数冊買ってればそこそこ勘も働きますですよ。

広告を非表示にする