dual pony

ふぉー びゅーてぃふぉー しょんぼり らいふ

2008/03/14の日記

ホワイトデーということで「本当につまらないモノ」をテーマにコレをチョイスしてみたら、意外と好評でスイミングアイ。 大量の収穫の一部を女子から分けて貰ったりしたし、今年は良い気分だ。 円環少女 7円環少女 7 良い気分と言えば女子小学生。 先日触れた『SHI-NO』の志乃ちゃんが知性派ダークサディストなら、こっちのメイゼルは実力行使派ナチュラルハイサディストというべきでしょうか。 地球では小学6年生として過ごすメイゼルの操る”円環大系”魔法と、彼女から嗜虐的な愛情を注がれる担任教師であり監督官であり保護者の武原仁のコンビで、次々と襲い来る超強力な魔法使いに立ち向かうハードなファンタジーノベル……というのが本作だったはず、なのですが。 前巻では、主人公の仁がそれまで所属していた組織に背き、その組織ばかりかメイゼルからすらも命を狙われる立場になったというかなり切羽詰まった状況で話が終わっており、これから彼は自分とメイゼルどちらの命を守るために戦うのだろうとワクワクハラハラしながら待ち望んでいた新刊。 そこに待ち受けていたのは――捨て巫女と上履き・縦笛窃盗犯な匂いフェチと全裸NEET(全員高位の魔法使い)でした。 振り幅広すぎるだろ、ちょっと! 特に全裸は、”神に近き者”グレンとの壮絶な戦いで弟を亡くした悲劇を経験してたはずなのに、再登場が全裸でどら焼きとか。どうなってんのさ。 まぁ今回は、次の新たな――それも相当に絶望的な戦力比の――敵との戦いを前にしたブレイクタイムみたいなもんだと思えば、それもまた良しと思えます。 毎度毎度、息が詰まるほどの重厚な魔法バトルばかりじゃ疲れちゃうからねぇ。 でも利尻昆布とは……予想外すぎ。 旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 そして積んでいた上作品を一気読み。 これは久しぶりに、駄ノベ以外で他人にオススメ出来る作品かもしれません。 名前が、顔が、そして存在そのものが失われる――そんな奇病が蔓延する世界を、「少年」と「少女」がカブに乗って”世界の果て”を目指し旅をする。 それだけの話なんだけど、”それだけ”だけに”それだけ”どころじゃない広がりの大きさを感じるストーリーです。 いつ消えて無くなるかもしれない身体を抱えて、いつ辿り着くかもしれない場所を目指しての二人旅。単なる愛情だけではない何かが、少年と少女を結びつけているのですが、その何かが淡く微かに見えそうで見えない――そんな、冬と春の境目の空気を味わい分けるような、極めて説明しづらい読後感を与えてくれました。 もちろん、分かりやすいツンデレっぽい表現もあるのですけど、この作品は単なるボーイ・ミーツ・ガールじゃありません。 だってもう出会ってるんだから。 これから先、どんな出会いと別れが待っているか分かりませんが、いつか来る消滅の日を迎えても後に残された人間が振り返ることの出来る出会いの想い出を日記に記しながら、旅を続けていくことでしょう。 出来れば今後も、私たちにその出会いを見せて欲しいものです。 平たく言うと続刊希望。




Web拍手

バカテスの葉賀ゆい先生の漫画、「ロッテのおもちゃ!」を是非! 取り敢えず、はいてない

発売日に買っておりました。 (その近辺で本を買いすぎて感想書く余裕無しでした……) 「はいてない」というか「はかない」んじゃないのか貴様ら、と言わんばかりの下半身フリーダムっぷりには恐れ入る。

広告を非表示にする