dual pony

ふぉー びゅーてぃふぉー しょんぼり らいふ

2008/12/04の日記

さて、先日いよいよというかとうとう発売されたPS2版CRギャラクシーエンジェルですが、この一週間ほど打ち倒して得た感想を。 シミュレータとしての完成度は結構高いです。 台の各パーツ(特に透明なプラスチック部分)や、球の重さなど実機さながら。液晶画面に至ってはかえってゲーム版の方が綺麗なんじゃないでしょうか。フル画面にして思う存分ニヤニヤ出来ますぜ。 ゲームバランスも、初当たりが余裕で三倍ハマリだったり、黒き月の釣り具合や相変わらずなRSU3Lの当たらなさっぷり、と思いきや突然やってくるチャンスボタンからの赤字セリフなど、ほぼホールそのままの興奮が味わえます。 ”ほぼ”というのは、いくつか残念な点があるから。 まず、実機では無かったはずの「特殊ステージ中GAF1回目→抜けた後に二回目が鳴る」という現象。 些細なことかも知れないけど、すっごい違和感があります。 あと、ゲームオプションで「高速」モードに変更(スーパーリーチor突確・潜確発生まで早回し)してプレイ中、たまにボイスが連続で再生されたり、『Eternal Love』が倍速で再生されるバグがある。 寝る前に付けっぱなしで放置しておいて、朝見たらBGMループでフリーズしてたという報告もあるので、恐らくメモリ周りの不具合があるのでしょう。ちゃんとエージングしてバグチェックしておけばアドレスエラーが確認できただろうに……。 ゲームオプション関係で言えば、釘の状態が良い・普通・悪いの三種類からしか選べず、しかもそのどれを選んでもほとんど球筋に影響しない。というか何選んでもちっとも周りゃしねえ! 電サポにも全然入らないし、どこのボッタクリ店だこの釘。 エヴァだと、どの箇所の釘をどんな状態にするかって細かく設定できたのになあ。 シミュレータとして一番楽しみにしてた部分である、各演出の出現率と信頼度表示に関しては、なんとプレイ実績を反映するタイプ。つまり、実機における各演出のデータは謎のままという……これもエヴァならやたら細かくデータを表示してくれたのに、と思うと非常に残念でなりません。 セグを画面上部に表示してくれる機能は良いのですが、モードの状態まで書かれてるので昇格するかしないかというドキドキがセグ表を見るまでもなくまるわかりという……蛇足すぎます。速攻で表示消去。 ゲーム以外のモードは演出・サウンド・グラフィックに加えて営業用のデモムービーまで入ってて、なかなか充実してます。「信頼の演出」とか連呼してましたが、それって要するにエv(ry ただ、セーブするには変動および打ち出しが完全に止まってる必要があるため、ロングリーチがかかると1分以上黙って待つ必要があるのが難です。どうにかして欲しい。 さて、気になる初回限定版のアイテムですが……うん、これは、無いね。 ミルフィーフィギュア付きUSBメモリは、今時たったの1GBでしかも肝心のミルフィーフィギュアが邪神レベルのがっかり具合。メモリ内に入ってたオマケの壁紙画像データはたったの6枚! しかも既出のばっか。 お目当てのドラマCDは、主な出演者が新谷と後藤(弱)、そしてオリキャラ神田朱未。 ……これだけでお分かりの通り、アニメ版の様なドタバタギャグなどでは決して無く、物凄くどうでも良い面白みのない話をだらだら流すだけの数十分でした。その内容も、大方の予想通り”ミルフィーはじめてのパチンコ”なわけですが、アドバイスする神田キャラがオカルター。 「調子が悪かったら打ち出しのリズムを変えたり止めたりして乱数を変えろ」とかぬかしやがりますよ。そのうち「リーチがかかったらチャンスボタン連打しないと当たらない」なんて言いそうで困りますわ。 悪い意味で笑えました。     と、いうわけで少なくともリーチアクション鑑賞用としては悪くありません。 シミュレータとしてはまずまず、GAグッズとしてはがっかりです。 お布施の意味以外に、初回限定版を買う必要は全くありません。

広告を非表示にする